2016 チームのお仕事調査隊(Vol.3)

ー 鈴木 チームマネージャー編 ー

みなさん、こんにちは。モデューロスマイルの水村リアです。
15号車ドラゴ・モデューロ・ホンダ レーシングを支える人たちの見えざる「スマイル」を、モデューロスマイルが紹介するこのコーナー。2016年の第3回は、鈴木 チームマネージャーです。

水村:この仕事に就いたきっかけを教えてください。

鈴木:この業界で働く前、私が務めていた石油関連企業の会社がスポンサーになって、私自身がスーパー耐久レースにドライバーとして出場していました。
しかし、レース活動はとてもお金がかかり、その会社の上司に相談したところ転職という道を斡旋してくれて2002年にモータースポーツ業界で有名な株式会社無限に入社する事になりました。最初の配属はカスタマイズパーツ営業の部署でしたが、半年たった時に、モータースポーツの部署に異動になり、この時からレースの裏方を支えるマネージャー業を行う事になりました。これが現在の仕事に携わるようになったきっかけです。
その仕事は予想以上に過酷な業務で年間90日くらい出張し、帰ってくると準備に追われ、一年があっという間に終わる日々でした。好きなモータースポーツの仕事ではあったのですがさすがにくたびれてきたある時、ル・マン24時間レース参戦が決まり、そのプロジェクトに参加することになりました。一からプロジェクトに参加することでスポンサー営業して、ステッカーの大きさを図って、契約書を書いて…という仕事をしているとチームの全体像が見えるようになって、この業務の楽しさがあらためて判るようになりました。その時が、この業務の本当の楽しさを感じた瞬間です。
今は無限を退職して、独立して会社を立ち上げ、現在の業務を請負いでやっています。

水村:鈴木マネージャーのレースウィーク中のお仕事内容についてお聞かせ下さい。

鈴木:チームには3人のマネージャーがいて、分担して作業しています。金曜日はホスピの設営とドライバー控え室の準備、そのあと、参加受付・マネージャーミーティング参加の流れです。
土日はタイムスケジュールの管理とドライバーのケアがメインの仕事になります。事前にスケジュールが決まっていて、メディア取材や、ホンダさんやGTA、サーキット主催のイベントにドライバーや監督を連れて行きます。昼には食事の手配ですね。ドライバーの昼食は、ブリヂストンさんがドライバーに提供してくれるパスタなので、食事のタイミングに合わせてブリヂストンさんに取りに行っています。

水村:食事の世話までって、おかあさんみたいですね。

鈴木:レースの2時間前までに食べさせないといけない。というアスリート・ルールみたいなのがあって、2時間前に炭水化物を食べた状態だとベストなパフォーマンスを発揮することができるそうです。なるべく、そのタイミングで食事できるよう調整しています。

水村:サーキットから帰って、普段の仕事はどのような内容ですか。

鈴木:レースウィーク中のスケジュール調整やスポンサー営業、もちろんレースの準備もやります。各ラウンドのレース準備は、2ヶ月くらい前からやっています。ちょうど2つ前のレースをやっている辺りから準備を始める感じですね。あと、夏の時期は来シーズンの準備を始めています。翌年のスケジュールが出たら、すぐに宿泊の予約を始めます。

水村:チームマネージャーで一番大変な仕事は何ですか。

鈴木:一番、大変な作業はホテルの確保ですね。どこのマネージャーも苦労しています。サーキットに近くて人気のホテルは、どのチームも取りたいから競争が激しくなって、なかなか取れない。ウチはみんなで手分けして予約を入れています。道上監督も手伝ってくれますよ。

水村:逆にこの仕事で楽しいと思えることは?

鈴木:私は別会社の取締役で、この仕事を請け負っているのですが、道上監督も社長だし、チーム代表の渡部さんも経営者。皆同じような年齢なので、みんなでこのチームを運営していくことが楽しいです。

水村:この仕事をやっていく上で、特に気をつけていることは何ですか。

鈴木:目配り気配りを忘れないようにしています。ホスピの机が曲がっていないかとかね。昔の上司が、そういう部分に厳しい人だったので、気をつけるようになりました。人の表情も良く見るようにしています。あ、あの人、いま機嫌が悪いな。とか(笑)

水村:チームにいるから見られる、普段見られないチームの顔ってありますか。

鈴木:武藤選手は面白い人で、明るく周りにふるまっていますが、その一方、公式の場面ではきちんとした対応をしている姿を見ていると、「これがプロだな!」って思います。仕事に対して真面目ですね。

水村:将来チームマネージャーになりたいと思っている人たちに、何か一言アドバイスをお願いします。

鈴木:チームマネージャーは、思うほど華やかな仕事じゃありません。本当に裏方の仕事だから、体力面も含めてキツイですよ。
以前レース関係の専門学校で教えていたことがあるんですけど、そこでは楽しい話しかしなかったです。学校からキツイって言っちゃダメって言われていました。(笑)。辛いことの話は休憩時間にこっそりしておきました。その時の教え子が、ほかのチームでマネージャーとして働いていて、SUPER GTにも来ていますよ。

  チームを支える全ての皆さんの「スマイル」を、このコーナーを通してたくさんお伝えしていきます!

次回のチームのお仕事は誰の「スマイル」をお届け出来るのでしょうか? お楽しみに!

2016-11-05 SUPER GT Rd.3,Rd.8 ツインリンクもてぎ 現地レポート1 SUPER GT Rd.7 タイ 現地レポート4
新着情報ここまで

categories

Archive

Copyright (C) 2016 Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.