SUPER GT Rd.7 タイ 現地レポート2

10月8日(土)予選

搬入日 予選 決勝 番外編

まだ陽も昇らない夜中、ブリラム市内は起きてしまうほどの大雨が降りました。タイでのレースは3回目でしたが、あんな大雨は初めて! 陽が昇る頃にはすっかり雨もあがり、晴天の下第7戦の朝を迎えました。

10月8日(金)予選

土曜日の朝、いよいよタイでの初の走行が開催されました。

まずは武藤選手が、チェックアップとセッティングの為に走行を任されます。

初走行を待つ牧野選手。
ピットロードには伊与木エンジニア、道上監督もいて、話し合いながら武藤選手の走行を見守る姿が見られました。

武藤選手による走行、チェックアップが終わりピットイン。
そしていよいよ、牧野選手の初の走行!

初めてのGT500車両で初めてのサーキットを走る瞬間、という事で大注目されていた牧野選手を見送ろうと、沢山のメディアの方々がピットに集まっていました!

武藤選手もアウトラップを走る牧野選手を、モニターを通して見守ります。

フリー走行の結果は4番手!
武藤選手の予選に向けてのマシンセッティングも順調に行われた様子。牧野選手の初走行も無事に終わり、予選に向けてチームも最終調整に入ります。

みなさんエプロン着けて作業するんです☆こういう姿もかっこいい・・・かわいい!?

タイのピットウォークはいつもより長い時間で行われました!
日本から来てくださったファンの方も今年はたくさん!!

毎年徐々にサーキット周りも栄えてきたので、初年度より来やすくなったんじゃないでしょうか?
SUPER GTファンなら、海外戦も含めて全戦観戦してみたいですよね☆

土曜日にピットウォークでは、Dragoのゆめちゃんと浴衣を着て日本をアピール☆

10月で少し季節外れの浴衣姿でしたが、タイの気候にはピッタリでした☆ タイの方たちの間でも日本伝統の浴衣は大人気!沢山の方にお写真を撮って頂けました(^^)

ピットウォークでサーキットが盛り上がった後は、いよいよ緊張の瞬間、予選が開始。

Q1突破を任されたのは、エースドライバーの武藤選手。
今シーズン、チームをいつも引っ張ってきてくれている武藤選手、牧野選手が加わった事で一層頼もしく見える気がしました。

Q1通過!
さすが武藤選手!!マシンの調子も良さそうなのか、チームも手ごたえを感じている様子でした。

そしていよいよ・・・牧野選手のQ2がスタート!

ピットでは武藤選手をはじめ、チームの皆がモニターを見つめて見守ります。

牧野選手にとって初めてのGT500での予選。本当に初めての車両とサーキットなのかと思うぐらいの走りを予選から見せてくれた牧野選手、Q2で2番手のタイムでフロントローを獲得!!

道上監督と握手を交わす牧野選手☆
嬉しそうだけど「悔しい~!」と牧野選手。道上監督は牧野選手の活躍に思わず満面の笑顔☆

武藤選手も牧野選手をハグでお迎え☆
少し安心した表情も印象的でした。

この日もきれいな夕焼けが見られたサーキットの空。

今シーズン2度目のフロントローグリッドを獲得したドラゴ モデューロ ホンダ レーシング。
翌日の決勝に大きな手ごたえを感じて予選日を終えました☆

搬入日 予選 決勝 番外編 このページの上へ

2016-10-20 SUPER GT Rd.7 タイ 現地レポート3 SUPER GT Rd.7 タイ 現地レポート1
新着情報ここまで

categories

Archive

Copyright (C) 2016 Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.