2016 RACE REPORTS

シリーズ名 : 2016 SUPER GT 第3戦、第8戦
大会名 : MOTEGI GT GRAND FINAL
距離 : Rd.3 & Rd.8 共に4.801km×53周
Rd.3 予選,決勝 : 11月12日(土) 晴れ・観衆:23,500人(主催者発表)
Rd.8 予選,決勝 : 11月13日(日) 晴れ・観衆:36,000人(主催者発表)

SUPER GTとして史上初の試み「2レース開催」により、大盛況で今シーズンが閉幕

今シーズンも最終戦を迎え、震災の為に延期となった第3戦も同時開催となり、SUPER GTとして初めての2レース開催となりました。金曜日にも2回の公式練習が行われ、「熊本復興支援大会」と題し、サーキットでは支援イベントが行われるなど、サーキットは3日間今シーズン最大の盛り上がりを見せたツインリンクもてぎ。 2レース制の週末は、土曜日に第3戦の予選・決勝、日曜日には第8戦の予選・決勝が行われる、1日1レースが完結するチームとしてタイトなスケジュールでの開催。#15 Drago Modulo Honda Racingは20kgという比較的軽めのウェイトハンデで今シーズン最後のレースウィークを迎えました。コースレコードを更新するなど今シーズン好調なベテランドライバー武藤選手と、初参戦ながらも大いなる活躍を見せたルーキー牧野選手のドライバーコンビも好調で、多いに上位を狙える可能性を持って今シーズン最後の2レースに挑む事になりました。前大会のタイでチーム初となる表彰台に登り、チームも昇り調子の#15 Drago Modulo Honda Racing。今シーズン最後のレースを、そしてDragoとして最後のレースを表彰台で飾るべく、チーム一丸となってツインリンクもてぎでの週末を迎えました。

公式練習1 天候 気温 路面温度 コース
9:00-10:00 9℃ 9℃ ヘビーウェット

 土曜日に朝に行われる1回目の公式練習は、最終戦金曜日の朝9時から1時間行われました。茂木町の天気は朝から激しい雨。外に出るのもためらってしまうぐらいの雨が、朝の走行が始まる直前まで降り続きました。走行開始となった9時、#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTは武藤選手のドライブの下ピットアウト。コース上に出るが、コース上の水量が多い為チェックアップランを1周のみ行いピットイン。周回数を重ねていた何チームかのうち、GT300の一台がスピンし赤旗中断になりました。
その後、雨も弱まりコース上の水量も減った所でGT500のマシンが次々とコースインし始めます。#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTも牧野選手で再度コースイン。セッション中盤が過ぎ、他チームのコースアウトにより2回目の赤旗。4周目にチームのベストタイムを出し、5周目にピットイン、武藤選手にドライバーチェンジ。セッション最後の周回となる8周目にベストタイムを記録し、朝の走行を終えました。セッション中赤旗が3回出てしまい、走行時間も短くなった事が考慮され、午後のセッションが40分延長される事がアナウンスされました。午後は雨も上がるという天気予報だったので、チームも午後のセッションに向けて調整を行った午前の走行時間となりました。

ベストタイム 周回 順位 ドライバー
2’06.393 8周目 8番手 武藤英紀選手
公式練習2 天候 気温 路面温度 コース
13:00-14:00 曇り/雨 10℃ 12℃ ウェット

 天候により十分に時間が取れなかった午前のセッション為、午後のセッションが1時間の予定を40分延長して100分間の2回目公式練習が行われました。午前中の雨も上がり、曇りでセッション時間13時を迎えたが、水量は減ったものの路面はウェット。スリックタイヤでの走行が困難な状況で迎えた午後の公式練習、#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTは武藤選手の走行から開始されました。12周目より牧野選手にドライバー交代。17周目にはNSX CONCEPT-GT勢最上位のタイムをマークします。開始から30分、路面も徐々に乾き始めてきた頃、トップタイムをレクサス勢が次々と更新し始めました。25周目、総合2番手のタイムをマークすると、26周目で武藤選手に再びドライバーチェンジ。スリックタイヤでの走行を期待されていたが、このタイミングで雨が再びサーキットに降り始めてしまいます。スリックタイヤでの走行は難しいと判断され、再びピットインしウェットタイヤに戻し走行、そのまま公式練習2回目を終えました。
このセッション、上位2チームはスリックタイヤでのタイムがマークされましたが、3番手のタイムをマークした#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTはウェットタイヤでのタイムであり、実質ウェットタイヤでのセッショントップタイムをマークしました。
週末の天気が晴れの予報であった為、公式練習ではスリックタイヤで走行を期待されていたがどのチームも十分に走る事が出来ず、土曜日の予選に「ぶっつけ本番」が予想された金曜日となりました。

ベストタイム 周回 順位 ドライバー
1’45.528 25周目 3番手 牧野任祐選手

武藤 英紀選手コメント
 午前の走行は雨がひどくて全く何も試せなかったですね。チームの雰囲気としてはとても良い感じで、雰囲気もとても良くて、リラックスして今週末は望めそうですね。
 午後は雨量の状況によってタイムの変動が出てきてしまってはいたんですが、今の状況に合わせたセッティングというのは、ウェットタイヤでも作れていたんではないかなと思います。
 土日の天気が晴れの予報なので、スリックタイヤを試したかったんですが、僕がピットアウトしてからすぐにまた雨が降ってしまったので思った時間試せなかったのが残念でした。明日の予選の時間にどれだけ路面に雨が残っているかも重要なのではないかと思います。

牧野任祐コメント
 朝の走行は数周しかできなかったですし、セッティング…というよりも、車幅感覚を思い出したり、操作確認だったりの時間に使いました。
 2回目の走行はドライで走りたかったんですが、思ったように試せなかったですね。トップ2のタイムがスリックタイヤのタイムだったんですが、15号車はウェットタイヤでのタイムで悪くなかったのではないかと思います。マシンのセッティングの感覚も、タイ大会の時からあまり変えていません。僕自身、もてぎで初めてNSX CONCEPT-GTで走行しましたが悪くはなかったので、もてぎのコース自体は馴染みのあるコースなので、明日の路面状況に合わせてうまくスリックタイヤでも走れれば良いと思います。

道上龍監督コメント
 午前中の走行は雨の為、マシンのチェックアップだけ行いました。牧野選手がもてぎ初めての走行だったので、雨が少し弱まった所走ってもらったりしました。変則的な2レース制なので、マシンを壊したりしないようにあまり無理せずに午前は過ごしました。
 午後の走行は40分伸びたので、レースウィークに向けてスリックタイヤで走行しておきたかったのですが、思ったよりコースが乾かずにウェットで走行し始めました。武藤選手でセッティングをして、少し乾いてきた所で牧野選手に乗ってもらい良いタイムが出たので、他チームが走行してもう少し路面が乾くまで待とうとしていたのですが、雨が降り始めてしまいスリックは試せませんでした。結果、明日の予選が持ってきたセッティングで合うか・・・がキーになるかと思います。
 NSX CONCEPT-GTの特性上フロントタイヤが暖まりにくいので、フロントをソフトにしたりタイヤのチョイスも重要になりそうです。あとは、朝の雨の残り具合ですね。

Rd.3 公式予選 天候 気温 路面温度 路面
8:35~9:15 晴れ 11℃ 12℃ ウェット

 予選日の朝、天候は晴れ。2レース制のスケジュールの為、第3戦の予選が開始されたのはGT300が8:35からと、前日の天候を引きずる状況の中開始となりました。夜中に降った雨がまだ残るサーキット、路面はウェット。GT300の予選が直前に行われ、多少水はけが良くなったものの、GT500の時間になっても完全に乾く事はなく開始時間となりました。開始と同時にほとんど全車がウェットタイヤを装着してピットアウトをし、#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTもアタックドライバーの武藤選手がウェットタイヤでコースインをしました。5周目に3番手のタイムを叩き出し、#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTは安定して47秒台前半で走行、周回数を重ねていきました。 予選時間終盤、武藤選手の走行6周目辺りから徐々に路面がドライに傾き始めます。ダンロップタイヤのチームが46秒台のタイムを出し始め、トップタイムが次々と塗り替えられ第3戦の予選が終了。武藤選手は最後の8周目にベストタイムの1’46.697をマークし、午後の決勝7番グリッドを獲得しました。

ベストタイム 周回 順位 アタックドライバー
1'46.697 8周目 7番手 武藤英紀選手

Rd.3 アタックドライバー 武藤 英紀選手コメント
 予選開催の時間がいつもより早い為、昨日から朝サーキットの路面にどのぐらい雨が残るかが気がかりでした。GT300の予選の後でしたが、思ったより路面が乾かなかったですね。GT500予選中に徐々にドライに変わっていく中でのアタックとなり、上手くタイヤを温める事が出来なかった気がします。このコンディションの中で出来る事をやった予選でしたが、もっと上位グリッド狙えると思っていたので残念ですが、午後の決勝は路面状況ももっと良くなると思うので上位を狙っていきます!

決勝レース 天候 気温 路面温度 路面
13:10~ 53周 晴れ 18℃ 24℃ ドライ

 午前はまだ雨の残るハーフウェットでの予選が行われましたが、午後になり陽が高くなるにつれ通年の最終戦らしからぬ暖かい午後を迎えたツインリンクもてぎ。決勝レースはドライで行われる事になりました。#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTは午前の予選により7番手グリッドから、スタートドライバーを武藤選手で決勝スタート。しかし、1周目に5コーナーで他チームのマシンとの接触により、左のミラーが取れてしまうアクシデントに見舞われてしまいます。接触もあり11番手にポジションダウンし走行中の3周目、GT300のクラッシュによりセーフティーカーが導入されます。セーフティーカーランは8周目に解除され、#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTもレース再スタートを切りました。タイヤピックアップが厳しく、タイヤを労りながら走行周回を重ねた武藤選手は23周目にピットイン。牧野選手にドライバー交代をしました。
 上位チームの中にタイヤ無交換作戦に出るチームも見られた後半戦。牧野選手は11番手を走行し順調に周回数を重ねました。しかし、決勝ファイナルラップの53周目に、背後につけていた8号車にオーバーテイクを許してしまい、第3戦決勝を12番手でチェッカーを受けました。

順位 ベストタイム 周回 ドライバー
12位 1'41.536 8周目 武藤英紀選手

武藤 英紀選手コメント
 決勝はウォームアップ走行の15分間は、ミディアムタイヤの感触がとても良くてレースも調子良く上位を狙えると思っていたのですが、レースが始まってからの少しの時間で状況が変わってしまっていて、予想していたレースの運びにはならなかったのが残念です。レース中もタイヤのピックアップが激しく、タイヤのマネージメントでも苦戦してしまいました。一周目のタイヤの暖まりも悪く、なかなか調子が上げられなかったのが悔しいです。レース中盤は上位を争うチームと同じようなペースで走れていたので、#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTも上位を狙えるポテンシャルはあると思っています。 明日は今日よりも天気など状況も良い中でのスタートになると思うので、最後のレースを走り切りたいと思います。

牧野 任祐選手コメント
 もてぎのドライをGT500のマシンで走るのは、僕は今回初めてだったので少し不安だったんですが、思ったより大丈夫だったので少し安心しました。
レースの結果は、NSX CONCEPT-GT勢の調子があまり上がらない決勝結果となってしまっていたので、明日の最終戦に向けてホンダ勢全体で改善しなくてはならないかなと思います。とは言え、2レース制の忙しいスケジュールなので、明日までの時間が限られてしまっている中なので厳しい事もあるかもしれませんが、出来る限りの事を僕もしたいと思います。
 明日はDrago Modulo Honda Racing最後のレースとなるので、良いレース、良い結果でみんなで笑顔で最終戦を迎えられるように、最後までがんばります!

道上 龍監督コメント
 #15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTだけソフトタイヤよりもピックアップの付きにくい、ミディアムタイヤを選択していたので、ウォームアップ走行の感触では優位ではないかと感じていました。ドライバーからのフィードバックも悪くなかったので、レースでは上位を狙えると思っていたのですが・・・。 いざ決勝が始まってみると、思った以上にあたたまりも悪く、更にミディアムタイヤの調子も上がらず、気温も予選の朝より5度近く上がってしまっていたので影響してしまったのではないかなと思います。ピットインのタイミングでハードに変更したのですが、上手くいかなかったですね。
明日の最終戦はピックアップの付きにくいと言われるタイヤを残してあるので、そのタイヤとピックアップに注目した最終戦にもう一度挑みたいと思います。

Rd.8 公式予選 天候 気温 路面温度 路面
8:40~9:20 晴れ 13℃ 17℃ ドライ

 最終戦の朝は土曜日とは変わって朝から天気に恵まれた天気の中、予選時間を迎える事になりました。 GT500の予選は9:05からスタート。第8戦は前日の第3戦予選アタックドライバーとは別のドライバーが走らなければならない為、牧野選手がアタックドライバーを務めました。#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTは開始時間から6分程過ぎた9:11頃にコースイン。計測ラップ1周目に6番手のタイムで走り始めました。予選終了まで3分を切った辺りで次々とトップタイムが塗り替えられ、GT500のコースレコードタイムが更新されていきます。全車チェッカー後、#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTは計測ラップ3周目の1’37.977で13番手グリッドを獲得。この予選でホンダ勢が苦戦をし、NSX CONCEPT-GT最上位は#17の10番手と厳しい結果となりました。 最終戦は通年通りのレギュレーションで、全車ウェイトハンデを下したノーハンデでの決勝バトル。予選から決勝まで数時間という厳しいスケジュールではありましたが、#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GT最後のバトルに向けてチームは最後の時間まで最終調整を行いました。

ベストタイム 周回 順位 アタックドライバー
1'37.977 3周目 番手 牧野任祐選手

Rd.8 アタックドライバー 牧野任祐選手コメント
 決勝セットを見据えてのセッティングで予選に挑みました。最終戦は全チームノーウェイトのハンデなしで行われるので、もっとマシンのポテンシャルを引き出して予選も走れれば良かったと悔しいです。
 NSX勢が予選で下位に沈んでしまったので、ホンダチームとしてもとても残念な予選結果となってしまいましたが、レースが53周あるのでまだ巻き返し出来る可能性があると思っています。泣いても笑っても最後のレースになるので、短い時間ですが今から出来る限りの事をして、最終戦を戦いたいと思います。

決勝レース 天候 気温 路面温度 路面
13:30~ 53周 晴れ 22℃ 27℃ ドライ

 白バイ隊とパトカーのパレードランにより、スケジュール通りにスタートしたSUPER GT 2016 Seriesの最終戦第8戦の決勝。グリッドの上位を占めるのは、今シーズンのチャンピオンシップ争いを戦うLEXUSのチームが上位3グリッドを占めていました。13:38決勝レースがスタート。#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTのスタートドライバーを務めたのは、予選もアタックドライバーを務めた牧野選手でした。牧野選手は安定したタイムでポジションをキープ。しかし7周目辺りから、第3戦の決勝でも大きなハードルとなったタイヤのピックアップに悩まされ始めます。

15周目、牧野選手は前を走る#24 GT-Rをオーバーテイク、12番手に順位を上げます。牧野選手のスティント後半辺りから、マシンに少しですがトラブルの兆候が見られていたものの、はっきりとしたトラブルとして表れていなかった為、走行は続けられ20周目で牧野選手がピットイン。武藤選手にドライバー交代されます。武藤選手の5周目に、チームベストタイムに次ぐ1’41.996のタイムを出すなど、順調に周回数を重ねていきましたが、水温計にトラブルを示す表示が表れ46周目にピットインを余技なくされました。メカニックをはじめ、チーム全員が一丸となってコース復帰を試みましたが、トラブルから復帰する事が難しく、最終戦をリタイヤで終える事になりました。
残念ながらチェッカーを受ける事は叶いませんでしたが、規定周回数はクリアしていた為#15 Drago Modulo NSX CONCEPT-GTは完走扱いとなり、今シーズン最後、そしてチームとして最後のレースが終了しました。

 チームが努力した時間と結果が伴わず、苦労した事も多かったチーム結成2年目のSUPER GT 2016 Seriesでしたが、今年は素晴らしい景色を見る事もできたシーズンでした。伝統的な鈴鹿1000kmのレースでコースレコードを更新してのポールポジション獲得。武藤選手自身としてもGT500で初のポールポジション。結成2年目にして叶った、2位表彰台というチーム一丸となった結果。全てのチームが見る事が出来るわけではない素晴らしい景色を、#15 Drago Modulo Honda Racingとして最後の年に見る事が出来た素晴らしいシーズンでした。
 受ける事の出来なかった最後のチェッカーは、またいつの日か表彰台の一番高い所で受ける日の為だと信じて、#15 Drago Modulo Honda Racingは今シーズンSUPER GT全8戦を戦い終わりました。
沢山の応援、声援を全戦に渡って本当にありがとうございました。そして引き続き、#15 Drago Modulo Honda Racingに関わった全てのメンバーの応援をよろしくお願いします!

順位 ベストタイム 周回 ドライバー
15位 リタイヤ 1'41.839 3周目 牧野任祐選手

武藤 英紀選手コメント
 ドライバー交代をしてすぐに、ストレートが遅い感覚と何か様子が違うと気づきました。走り始めてそう経たない周回数でアラームが点灯してしまい、なんとか最後まで走り切ろうとエンジニアと相談しながら走り続け試みましたが、マシンの安全を優先してピットインを余儀なくされてしまいました。今日もタイヤのピックアップが気になり苦戦しましたが、走りながらピックアップが取れる状況だったので、選んだタイヤの状況もセッティングも昨日よりは改善されていたんではないでしょうか。チェッカーをみんなで受けて終わりたかったので正直とても悔しいですが、正しい選択で最終戦は終えたと思っています。「最後まで諦めない」という素晴らしいチームだと再認識したレースでした。今後も全てのメンバーがそれぞれのフィールドで良い仕事をしてくれると、僕は思っています!毎戦レースが楽しみで、素晴らしい1年でした。応援ありがとうございました!!

牧野 任祐選手コメント
 GT500の2戦目にしてスタートドライバーをさせてもらいましたが、問題なくスタートできたと思います。途中からタイヤのピックアップに悩まされましたが、前大会からの自分の課題にしていたGT300との絡みを使って#24 GT-Rを抜く事も出来たので、成し遂げられた事もあったかなと思います。僕のスティントの時から徐々にトラブルの兆候は感じられてはいたのですが決定打には欠ける状況で、それでも早めにピットインしました。
このチームで一緒に戦ったのは2戦でしたが「本当に2戦だったのか?」と思うぐらい、チームの居心地も良く、不安だったGT500でのデビュー戦も沢山サポートしてくれたチームに本当に感謝しています。来年以降はまだ僕もどうなるか分かりませんが、チームに関わったみんなが今後も活躍してくれると信じています。これからもみんなを応援して下さい!

道上 龍監督コメント
 決勝中、武藤選手にドライバー交代してからすぐにアラームが点灯しトラブルの兆候が見られたのですが、伊与木エンジニアと相談してそのまま様子を見て走る事にしました。しかしその後水温がかなり上がってしまい、ピットイン、リタイヤをせざる得ない状況となってしまいました。 今年NSXがハイブリッドシステムを降ろし、改善を期待されていたとは思うのですが、思ったようにホンダ勢も結果が出せなかったスタートを切ったシーズンだったと思います。来年にも課題が沢山残るシーズンだったのではないでしょうか。 この最終戦をもってDragoとしては最後のレースとなりましたが、沢山学んだ2年間になりました。これで本当に最後というわけではなく、将来またチームを結成できる日への良い勉強になったので、いつかまたこのSUPER GTというフィールドに戻ってこれるように、今後も努力していきたいと思います! 2年間チームを最後まで応援してくださった皆様に感謝してます!