オートポリス大会は中止に。ただし年間8レースの開催を検討

 

"SUPER GT公式サイトより一部引用"

 5月4日午前、2016年のAUTOBACS SUPER GT第2戦が開催された富士スピードウェイで、SUPER GTを運営する株式会社GTアソシエイション(GTA)の定例記者会見が実施された。この席上で、坂東正明GTA代表は日本モータースポーツ記者会(JMS)から、延期となっている第3戦オートポリスの状況と対応について、そして開幕戦岡山を振り返って、という代表質問を受け、個別質問では5月11日に行われるステアリングコミッティについて回答した。

■延期となったオートポリス大会は、今後どうなるのか、その状況と対応策は? また、熊本地震の被災者等に対してGTAは、どのようなサポート活動をするのか?

 オートポリス大会に関しては、これまでGTエントラント協会を通して各エントラント(参戦チーム)の意見を集約し、同時にオートポリス側に対して施設、周辺道路など環境について状況確認を行ってきた。
 また、タイ大会(10月8、9日)のため車両や資材の移動、そして他の国内レース開催日を考えると日程的には余裕がない。そして、オートポリス側からも本年度のSUPER GT開催を断念したいと申し出があった(オートポリスからもリリースで発表)。
 これを受け一昨日に臨時のGTA取締役会で協議し、オートポリス大会の中止を決断した。 併せて、オートポリス大会の代替案も検討を始めた。ただし新規の大会開催は難しいため、今後の大会での2レースも含め模索している。候補としては、8月の富士、最終戦のもてぎを検討している。遅くとも5月末までには結論を出す予定だ。

 熊本地震の被災者支援活動だが、4月21日に御殿場から熊本県の合志(こうし)市に向けて横浜ゴムのトランスポーターを借りて支援物資、御殿場市が備蓄していた水(2リッターのペットボトル)を1200本届けた。これは御殿場市が合志市と災害時の相互応援の合意を取り交わしていることから、お手伝いをしたもの。今後も要請があれば、行政と協力をしながら支援をしていきたい。
 今回の富士大会からSUPER GTはもちろん、FIA-F4、ポルシェカレラカップ・ジャパンの全参加車両に被災された方々に向けた応援・お見舞いメッセージとして作成したくまモンのステッカーを貼ることにした。また、決勝レースのスタート前に、今回の震災の犠牲になられた方々に哀悼の意を表し、黙祷を捧げることにした。加えて、富士スピードウェイと協力して義援金の募金活動も実施している。

2016-05-04 SUPER GT Rd.2 富士レースレポート 2016年SUPER GT 第3戦オートポリス大会開催延期に関するお知らせ
新着情報ここまで

categories

Archive

Copyright (C) 2016 Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.